発達障害の症状に早く気づく~脳機能異常見破り法~

年齢によって違う症状

いたずら中

発達障害は早期治療を行なうことが最も効果的であるとされていますが、その症状は自分で自覚しづらいので発見が遅れて日常生活に支障を出してしまうことがあります。発達障害は自覚症状がなくても、相手から指摘されることで自分の行動が他の人とは違うと気づくこともできます。発達障害の多くは乳幼児期から発生することも多いですが、その年齢によって症状の現れ方が異なっています。赤ちゃんの頃は好奇心旺盛で何に対しても興味があることから、赤ちゃんは生活の中でどのような行動を起こすか分かりません。そのようなことから乳幼児期にその子が発達障害であると気づきにくい傾向があります。0歳頃の発達障害の症状には、話しかけたのに反応しないことや、視線を合わせない、他の赤ちゃん同士で遊ぶのではなく一人で遊ぶことが多いなどが挙げられています。赤ちゃんによっても性格があり、発達障害ではない赤ちゃんにもこのような動作が出るので、この時点ではまだ判断しづらいといえます。また赤ちゃんを初めて出産をした人にとっては、毎日の生活を送るだけでも一苦労するため、忙しさから赤ちゃんの症状に気づかないこともあります。

また3歳からになると0歳に比べて少し成長しているので、親の行動を見て真似をするくせがあります。また言葉を発するようになりますが、発達障害の場合は上手くコミュニケーションを取ることができずに、同じようなことを聞き返してしまう特徴があります。このまま成長をして学校に通うとなると、他人とのコミュニケーションが上手く取れないことや学習能力が乏しいことから学校生活を送るのが苦しくなってしまう場合があります。その時点で親が気付いていなければ不登校になってしまう可能性もあるので、一刻も早く専門病院での治療を受ける必要があります。発達障害は人によって症状の出方や進行度合いが異なるので、同じ発達障害でも急速に症状が進行する人や、自分で気づきにくいほどゆっくりのペースで症状が少しずつ進行する人などがいます。発達障害にはいくつもの種類がありますが、日本全国でもこの症状に悩む人が多いとされているので、少しでも身体に異変があるときは電話などでまず相談をしてみると良いでしょう。電話で相談をするとともに、必要であれば診療の予約をすることもできます。普通の病院では土日診療していないところも多いですが、専門病院によっては土日も診療しているので、これなら平日仕事をしている人でも土日の休日に訪れることができるので安心です。