発達障害の症状に早く気づく~脳機能異常見破り法~

仲良い家族

人とは違う行動の変化

お母さん

発達障害になると自分では普通だと感じていても相手にとっては不快に感じる行動をしてしまうことがあります。身体や心が発達をしていく上で、身体の中に何らかの障害があることから起きる症状の一つです。

詳しい詳細

いくつかある病気のタイプ

子供二人

人によっては生まれたときから発達障害になってしまうことがありますが、親が子供をよく見ておくことで不可解な行動に気づくこともできます。発達障害にはいくつかの種類に分けられており、それによって症状も異なっています。

詳しい詳細

病気の原因を探る

家族

まだ根本的な問題を特定することができないことから、発達障害になる原因はまだ明らかにされていないとされています。しかし食事や運動など日常生活にも原因があるともされています。

詳しい詳細

年齢によって違う症状

いたずら中

発達障害になると日常生活の中で他人に迷惑をかけてしまうこともあります。発症した年齢によって発達障害の症状が異なるので、それぞれの症状を理解して子供の行動がおかしいときは病院へ受診して検査をしましょう。

詳しい詳細

   

子供と大人で違う症状

ハート

コミュニケーション能力や判断力の低下などの症状が出る発達障害は、子供だけではなく大人にもなるとされています。子供の頃は小学校、中学校などの義務教育を受けなければなりませんが、学校生活を送っているときに、友達との交流や勉強などで悪影響が出てしまうことがあります。軽度なものでは日常生活にあまり影響を及ぼさない症状も多いですが、重度なものになると精神的にも病んでしまうような症状が出てしまうこともあります。そのため発達障害の症状はすぐに発見をして病院で治療をして改善していかなければならないものですが、その症状はなかなか発見しづらいことから症状を悪化させてしまう人もいます。また人によっては子供の頃から発達障害であると分かることもありますが、大人になって初めて気づくという場合も多いです。

子供と大人では発達障害の特徴が異なっているので、症状について予め把握しておけばすぐに発達障害であると意識することができます。発達障害は3歳頃から気づくとされていますが、赤ちゃんの頃は言葉もあまり発達していなく、自由な行動をすることが多いので、その行動や言動が自然なことであると認識してしまいがちです。

赤ちゃんなどの子供の頃に起きる症状としては人見知りをするという人や、一人で遊んでいることが多い、質問をしてもまともな答えが返ってこないなどがあります。子供の頃に気づいていないとこれからの学校や社会生活でも支障をきたしてしまう可能性があるため、気付いた時点からすぐに改善していく必要があります。また大人の発達障害の症状では、人とのコミュニケーションでも上手く接することができず、周りのことを気遣わない行動が多くなります。大人になると人と接する機会が多くなりますが、その際にも行動や言動などから相手に不審感を抱かせてしまうことがあるのです。発達障害は病院で治療を受けることができますが、まずは発達障害であるかどうか脳の検査をしていくことができます。脳機能に何かあれば検査により発達障害であると判断することができます。発達障害といってもその中にはいくつかの種類に分けられているので、それらの症状から特定するためには更に詳しい検査をする必要があります。精密な検査の他にも専門医とのカウンセリングを通していくことで、その人の病気を特定できます。症状によっても治療法が異なりますが、基本的には薬物療法やカウンセリングなどで改善を目指していきます。